複合機(コピー機)の購入・リース

中古複合機(コピー機)の格安購入・レンタル新品複合機(コピー機)をリースで導入

複合機(コピー機) 中古で購入、新品でリース メリット・デメリット

中古複合機(コピー機)の購入と、新品複合機(コピー機)をリースで導入する際のメリットとデメリットをご説明します。

メリット

中古複合機(コピー機)格安購入

総額の導入コストが圧倒的に安い
複合機の導入コストが安くて驚く会社員
中古複合機は、10万円以下で導入できるため、総額で比べると、圧倒的に導入コストが安くなります。
中古といっても状態が様々で、わずかな期間で前所有者が手放した新古品近い状態の複合機を導入することも可能です。
中古複合機を導入する時は、自社整備を行う販売店を選びましょう。機械を熟知しているため、トラブルがあった際の対応が非常にスムーズです。
買い替えが簡単にできる
複合機の買い替えができて喜ぶ若手経営者
中古複合機は、会社の業態変化、事業規模の拡大に合わせて、いつでも格安で買い替えが可能です。
販売店によっては、古い複合機を下取りしてくれるケースもあるため、買い替え時の導入コストも抑えることができます
最近では、10万円前後の複合機を2~3年利用した後、新しい複合機に格安で買い替えて使い続ける方が増えています。
中古複合機(コピー機)格安購入・レンタル

新複合機(コピー機)激安リース

月々の保守料金が安く抑えられる
複合機を提案する当社エンジニア
新品複合機の保守料金は、中古複合機に比べて、安くなります
一方中古複合機は、新品に比べ、メンテナンスに手間とコストが掛かるため、保守料金が若干高くなります。
新品複合機は、安価な保守費用で、無料で修理、無料でトナーを補充するので、印刷枚数が多いオフィスは、特にメリットが大きいと考えます。
初期費用を大幅に削減できる
複合機の初期費用が削減できて微笑むOL
まとまった現金を用意せずに、最新機能を搭載した複合機を導入できます。 最近では、リース契約の審査・手続きが簡略化され、気軽でスピーディーに利用できるようになっています。
銀行の借入れに比べると、リース利用のハードルは低いと言えます。
新品複合機(コピー機)激安リース

デメリット

中古複合機(コピー機)格安購入

販売店毎の品質の差が大きい
複合機の検品を行う当社エンジニア
中古複合機は、入荷時の品質が様々なため、整備の質が重要です。整備の質が高いほど、快適に長く複合機を使い続けることができます。
販売店のウェブサイトを確認し、情報が充実しているお店、従業員の顔が見えるお店から、複合機を購入しましょう。
販売店によっては、自社に整備部門を持たず、下請けから仕入れた複合機を販売しているところもあります。
その後の対応、サービスの品質に大きく関わりますので、中古複合機は、自社で整備を行っている販売店より購入するようにしましょう。
保守料金が若干割高になる
複合機の保守料金が割高になって困惑する会社員
中古複合機は、新品に比べて耐久性が劣るため、メンテナンスに手間とコストが掛かります。
そのため、中古複合機は、保守料金が若干高く設定されています。
保証期間が短い
複合機の契約書を確認する会社員
新品の保証が1年に対し、中古複合機は、保証期間が1ヶ月程度となります。保証期間を過ぎて複合機が故障した場合は、有償で修理となります。
ただし、中古複合機であっても保守に加入すれば、故障をしても、無償で出張修理を行えますので、心配はありません。
中古複合機(コピー機)格安購入・レンタル

新複合機(コピー機)激安リース

総額の支払いが高額になる
複合機のリース費用を確認して頭を悩ます会社員
リースで複合機を導入すると、金利、手数料、保険料などが含まれて毎月請求されるため、毎月少額とはいうものの、支払い総額では、中古複合機の購入金額に比べて高額になります。
長期の固定金額の支払いが発生する
複合機の支払いをする会社員
リースは、3年・5年・7年など、決められた期間で契約をするため、原則解約ができません。
よってリースで複合機で導入することは、長期に渡り、毎月固定の支払いを続けるリスクを抱えることになります。
仮に複合機の使い勝手が悪くなり、買い替えをしたいと思っても、残債があるため容易ではありません。
残債を一括で支払い、リースを強制解約をする方法はあります。
複合機の所有権がリース会社にある
複合機のリース契約書を確認する会社員
リースで導入した複合機は、リース契約を結んだリース会社のものとなります。
つまり、リース期間が切れた時は、リース会社に複合機を回収されてしまうことを意味します。
複合機を使い続けるには、期間満了前に再リースを行うか、リース満了時に複合機をリース会社から買い取る必要があります。
新品複合機(コピー機)激安リース

価格別! シャープ 中古カラー複合機(コピー機)比較

10万円未満のシャープ中古カラー複合機(コピー機)

MX-2517FN
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

2,000枚未満

¥88,000(税込)

中古市場で人気のMX-2517FNの2段給紙カセットモデルです。
セットできる用紙のバリエーションは少ないですが、その他機能は、4段給紙カセットモデルと一切変わりません。

詳しくはコチラ

MX-C302W
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

2,000枚未満

¥60,500(税込)

MX-C302Wは、卓上に置けるコンパクトなA4カラー複合機(コピー機)です。A3カラー複合機(コピー機)同等以上の機能を備え、オフィスで必要な作業には全て対応できます。

詳しくはコチラ

10万円台のシャープ中古カラー複合機(コピー機)

MX-2650FN
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

2,000~5,000枚

¥176,000(税込)

MX-2650FNは、2015年10月発売された、シャープの人気カラー複合機(コピー機)です。当然ながら抜群の商品状態で、かなり良い状態で使い始めることができます。長持ちしますよ。

詳しくはコチラ

MX-2640FN
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

2,000~5,000枚

¥132,000(税込)

MX-2640FNは、MacOSからのプリントに標準対応しているため、デザイン事務所をはじめ、多くのMacユーザー愛用頂いている複合機。業界ではユニークな無線LANを標準搭載している複合機で、Wi-Fi環境で印刷が可能です

詳しくはコチラ
シャープ 中古複合機(コピー機)はコチラ

印刷枚数別! 新品カラー複合機(コピー機)リース比較

月間印刷枚数2,000~5,000枚の方向け カラー複合機(コピー機)

MX-3631
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

5,000~8,000枚

[メーカー希望小売価格]¥2,025,000のところ…

50%OFF(税込)

MX-3631はコピーとプリントは毎分36枚。スキャン(読み取り)にいたっては毎分80枚で電子化可能です。

詳しくはコチラ

MX-2661
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

2,000~5,000枚未満

[メーカー希望小売価格]¥1,585,000のところ…

50%OFF(税込)

2018年に発売されたシャープカラー複合機(コピー機)です。 お気に入りは、人感センサーを搭載している点。目の前に立つと複合機がすぐに使えるんです。これには感動します。

詳しくはコチラ

月間印刷枚数5,000~8,000枚の方向け カラー複合機(コピー機)

MX-3661
<シャープ(SHARP)>

  • 印刷速度
  • 画質
  • 使いやすさ
  • 機能

月間推奨印刷枚数

5,000~8,000枚

[メーカー希望小売価格]¥2,060,000のところ…

50%OFF(税込)

最先端の機能を備えた、シャープカラー複合機(コピー機)です。 現在の複合機のトレンドにもなっている、人感センサーや無線LANを標準搭載しているので、使い勝手は抜群。

詳しくはコチラ
シャープ複合機・コピー機